ダンケネディ億万長者のビジネス戦略無料プレゼント

ダンケネディ億万長者のビジネス戦略無料プレゼント
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -
    << 日テレ『行列のできる通販王決定戦!』にも出演!通販コンサルタント 芳子ビューエルの著書【ビジネス書】働く女の「経験ゼロ」の仕事力(BOOK-2)| | main | 金融ビジネス用語英和辞典 DICTIONARY OF FINANCIAL-BUSINESS TERMS English-Japanese Edition >>

    日テレ【モクスペ『行列のできる通販王決定戦!』】にも出演!通販コンサルタント 芳子ビューエルの著書【ビジネス書】なぜ、テレビショッピングで買ってしまうのか?(BOOK-1)|

    0
      日テレ【モクスペ『行列のできる通販王決定戦!』】にも出演!通販コンサルタント 芳子ビューエルの著書【ビジネス書】なぜ、テレビショッピングで買ってしまうのか?(BOOK-1)|日テレ【モクスペ『行列のできる通販王決定戦!』】にも出演!通販コンサルタント 芳子ビューエルの著書【ビジネス書】なぜ、テレビショッピングで買ってしまうのか?(BOOK-1)|
      ¥798円(税込)送料別 カード利用可

      アペックス専務取締役 芳子ビューエルが(株)中経出版より『なぜ、テレビショッピングで買ってしまうのか?』を発刊!!24時間テレビショッピング専門チャンネルに自らも手探りで携わってきた仕掛人の1人でもある芳子ビューエルが抱いた疑問の答えを追求、「1時間で1億円」を売り上げるといわれるテレビショッピングの魅力を解説。今まで明かされることがなかった、テレビショッピングの仕掛けと舞台裏をのぞいてみませんか?ぜひぜひ、ご一読ください!!題名なぜ、テレビショッピングで買ってしまうのか?副題4兆円マーケット「通販」のしかけと舞台裏著者芳子ビューエル発行株式会社中経出版 新書版頁数208頁■ 著者プロフィール      芳子ビューエル株式会社アルト(コンサルティングに特化したメーカー支援プロ集団)代表株式会社アペックス 専務取締役群馬県高崎市出身。県立高崎女子高校卒業後、カナダに渡り公立ダグラスカレッジにてジャーナリズムを専攻。卒業後カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のBenndorf-Verster Ltd.にて初の女性営業マンとして採用される。帰国後1989年に専門商社株式会社アペックス(群馬県高崎市)を設立。同社専務取締役に就任。2001年、同社にてテレビ通販事業を開始本格的にスタート。現在、主に北欧を中心に寝具、生活雑貨の輸入販売を行う一方で、国内でこだわりをもって製造された優れた商品の発掘と、それらの商品を主にテレビ通販およびカタログ通販などで世に出すお手伝いをしている。また、自らもゲストとしてテレビショッピングに数多く出演している。1997年からJETROの輸入専門家として活躍。日本市場にまだ紹介されていないユニークな商品を発掘し、それらのメーカーを日本に招待して日本市場への理解と相互交流の促進をはかるなど、日本企業と海外企業のマッチングの場を提供し続けている。現在、通販コンサルタントとしても活躍中。カナダ人の夫との間に2男1女に恵まれる。(株)アペックス 概要1989年設立の株式会社アペックスは国内外の質の高い製品をテレビショッピング、カタログ通販、小売店、インターネットなどの多様な販路を通じて市場に送り出すことに特化し、「ワンランク上のライフスタイル」を提案しています。様々なメーカーの販売代理店、日本総代理店として活動する他、日本国内の数多くのすばらしいメーカーさんの商品を発掘、世に出すお手伝いにも力をいれています。
      さらに詳しい情報はコチラ≫



       

      ダンケネディの新刊本が無料で読むことができます。


      ⇒[億万長者のビジネス戦略]詳細

      億万長者のビジネス戦略

       

      ビジネス書 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - | -
        この記事のトラックバックURL
        http://dankenedhi.jugem.jp/trackback/10
        この記事に対するトラックバック